安心して依頼できるハイヤー会社について

安心して依頼できるハイヤー会社について ハイヤーは、完全予約制で利用できるサービスです。いつでも誰もが依頼でき、予約がなくても利用できるタクシーとは異なります。タクシーは回送のための料金は含まれませんが、ハイヤーの場合は営業所の車庫を出てから乗車をする場所までの代金と降車してから車庫に戻るまでの代金も含まれることが特徴です。

ハイヤーの対応エリアは、ハイヤー会社によって異なります。大きな会社の場合で東京に本社があって他の地域にも支店があるような場合は、その支店の地域でも対応可能となります。利用する際はハイヤーの依頼をするときに、対応エリアかどうかをしっかり確認しておく必要があります。ハイヤーのサービスには、会社の役員や社用車としての専属送迎サービスや通勤のためなどに使われる定期送迎があります。さらに空港やゴルフの送迎といった利用方法もできます。

そのほか、観光地巡りやシャトルとしてのサービスもあります。契約をすることで定期的、または希望の日時にサービスが受けられます。契約をしなくても、スポット的に利用をすることも可能です。車種も豊富に用意されているところも多く、大口予約でも柔軟に対応してくれるハイヤー会社もあるため、一度に大勢が移動するイベントでも役立ちます。

ハイヤーは、一日だけの利用が可能ですが、社用車として役員の送迎をするなど定期的に契約を行う場合は、専属になるドライバーを面接にて選ぶこともできます。乗車する人に合ったドライバーが担当になるよう、手配してもらえます。ハイヤー会社によってはドライバーだけの派遣をお願いすることも可能で、会社で持つ社用車はあるが専属のドライバーが欲しい、という場合にも利用できます。しっかりと教育を受けたドライバーが安全走行と最新の注意を払って運転するとともに、万一のアクシデントのときにも適切な対応をしてくれるので安心です。

ハイヤー会社は、様々な契約やサービスに対応ができるよう、ドライバーの教育面でもかなり力を入れていると言えます。トップクラスと言える運転技術を磨くのは当然ですが、利用者を快適に目的地に連れて行けるように接客やサービスのマナーを習得、教育するなど、様々な努力をしています。また、これらの教育だけでなく、安全な運転のための健康管理も重要ととらえています。ハイヤーの契約の中でも、役員を送迎するような場合には早朝や深夜、休日など様々な時間帯になりやすく悩む会社も多いです。それらの労務管理や車両の管理を行う運行管理者の国家資格を持った社員が常駐している場合もあります。その運行管理者がドライバー全員の労務管理や車両管理を行うので、ドライバーである社員は運転に専念することができ、体制が強化された環境があるため安心できます。

利用者の安全を確保できるよう努力してくれるドライバーですが、企業の重役を相手にしていることからも守秘義務を遵守しているので、信頼し合った関係を作ることが可能です。従業員も外国語が得意で海外のお客様の対応ができる人や輸入車の運転ができる人など、お客様のニーズに合ったスタッフが対応している場合が多いです。

観光で利用する場合は、会社によって様々な観光コースが用意されていることがあります。利用する時間によってコースが異なったりしますが、お客さんの希望に応じたスポットめぐりをすることも可能です。都心などの観光地巡りでは都心の道路事情をよく把握したドライバーが対応したり、9名まで乗車可能なワンボックスカーが用意されたりもします。事前に各ハイヤー会社のホームページを見たり問い合わせをしたりして、観光目的やニーズに合った会社を選ぶようにすると良いでしょう。

最新ニュース