がん保険の選ぶポイントは給付金タイプ

最近は保険会社が複数あるだけでなく、保険内容やプランでさえ複数あります。私達、加入者側としては多くのがん保険から自分に合ったプランを選べると言うメリットもある反面、自分に適した保険を選ば無ければいけないという悩みもあります。

がん保険はその名の通り、がんに対する保険です。病気に掛かってしまうと、入院や手術など金銭面でかなりの負担が強いられます。その為、多くの方が意識する事無く、受取金額をしっかりとチェックしていると思います。

しかし、がん保険を選ぶポイントは受取金額だけではありません。その他にも給付金タイプも重要なポイントになります。噛み砕いて記載すると受取条件というのがイメージし易いと思います。大きく2つあります。「入院給付金タイプ」「診断給付金タイプ」です。「入院給付金タイプ」はがんに罹り、実際に入院をした際に給付金が受けられるタイプです。一方、「診断給付金タイプ」は入院の有無に関わらず、医師からがんの診断を受けたら給付金を受けられます。

どちらが良いとは一概には断定出来ませんが、大前提として、給付金が必要な際にしっかりと保障が受けられるがん保険に加入する事が重要なだと言う事です。受取金額が高額でも実際に受け取れなければ、意味がありません。だからこそ、がん保険を選ぶ際には、受取条件になる給付金タイプをしっかりと見極める必要があります。