ハイヤーの特徴と様々な利用シーン

ハイヤーとタクシーは似ていますが、違っている点は複数あります。まずは乗降場所とその料金体制です。利用したことの多いタクシーは、駅前やロータリーに設置されている専用の乗り場から、または街中の道路や建物の近くなどの様々な場所で、必要な時に止めて乗車できます。そして、車内に設置されたメーターで料金計算がされますが、距離や時間で計算され、乗った場所から降りた場所までが対象です。

一方でハイヤーは、街中で乗りたい時に乗れるわけではなく、貸し切り予約が前提です。事前の打ち合わせをもとにして待ち合わせ時間や場所を決めておくことで乗車が可能です。料金は時間で決まる場合がほとんどで、予約時に決定した貸し切り時間制です。ハイヤーが出発する営業所を発着点にして課金されます。予約の点でも少し違います。タクシーも予約することはできますが、無線で近くにいる車が配車されるシステムとは異なり、ハイヤーは無線ではなく、人数や目的などから車の種類などが決められ、車や運転手名などの情報は利用者に伝えられます。反対に、利用者が希望の車や運転手を指名することも出来るのが特徴で、決まった時間に決まった車が用意されるのがハイヤーです。ハイヤーは利用前の契約で予約し、運転手と車を雇うという意味合いが強いです。

あまり聞き馴染みのないハイヤーですが、一般的に利用シーンは限られていると認知している人も少なくありません。例えば、企業の偉い役職の方の移動手段として使われているという印象を持つ方が多いでしょう。また、海外からの視察やVIPにも多く使われていて、車は黒塗りの高いグレードのものが用いられます。運転手は、勤続年数や接客の質、ハイヤーの会社が設ける厳しい試験に合格しているかなどの条件で選ばれていることも多いです。近年の特徴としては、英会話や諸外国の語学に長けた運転手が多いことが挙げられます。おもてなしの接客をするために研修などが行われているのもハイヤーのポイントです。

海外からのゲストも増加傾向にありますから、上質なサービスの提供という点でも求められています。高級感があるハイヤーですが、一度は利用してみたいと思う方もいるでしょう。高い品質の乗り物である前提で、パーティーや法事などでの移動シーンにはよく使われています。また、観光地でも移動手段として使われていて、独自のプランを出している会社もあります。人数が多くてもワンボックスの車も手配できるので、普段とは少し違う優雅でリラックスした旅行を楽しめるでしょう。