ハイヤーの運転手になる方法

一般的に乗用車を使って顧客を目的地に運ぶ業種というと、タクシーが代表として挙げられます。業務内容には大きな違いがないのに高い収入を得られる仕事に、ハイヤーがあります。この二つは、どちらも目的地まで客を乗せますが、どこでも誰でも利用できるタクシーと違って、ハイヤーは利用客の用途が違っています。特に多いのが高い立場の方の利用です。出退勤や会社への移動や、企業とハイヤー会社で契約をして、個人としてではなく会社として取引先の送迎などに使用します。また、近年増えている利用者層が観光客です。時間制での貸し切り予約を行うことで観光地を巡ります。

ハイヤーのドライバーとしては、スケジュールを工夫したり、フレキシブルに行動したりする力が必要です。どういったルートでどこからどこまで移動したいのかといった事前の打ち合わせ内容や目的にあわせて利用者を観光地へ案内することができれば、利用者の満足度は違ってきます。ハイヤーは比較的、中距離や長距離の移動で使われることが多く、利用の用途がどんな場合でも、乗客への配慮は欠かせないものです。

ハイヤーのドライバーになるには複数の条件が必要になる場合があります。乗客は高い料金を支払って、ハイヤーでの移動に快適さと安心を求めていているのです。そのため、安全運転を行えるのはもちろんですが、それだけではいけません。慎重さや臨機応変に対応できるか、サービス面に優れているかなど、様々なスキルが必要となってきます。

利用するお客さんに満足してもらうための知識の習得を行っている人は、採用されやすいでしょう。特に外国人観光客を相手にして、英語や中国語といった利用者の日常言語で会話ができるのは、大きな武器です。諸外国からの観光客が増えている日本でも、外国語で案内できるドライバーは重宝されますし、企業のVIPが飛行機を利用して来日する際などでも、送迎サービスを行っているハイヤーはかなり需要があります。ただ、こういった語学力や技術面は、入社してから教育を受けて身につけることも出来ます。社会的地位が高い人も多く使用されるため、じっくりと期間を設けて研修するハイヤー会社もあります。そういったところであれば、ベテランドライバーがしっかりと指導してくれるなどの、教育体制も整っています。。運転技術や周辺の地理情報を習得するほか、コミュニケーション術やサービスの心得なども教えてもらえるでしょう。