ハイヤーと一般的なタクシーの違いとは

自分が目的とする場所へ移動したい場合、場所を任意に選ぶことが可能な公共交通機関というとタクシーがあります。他の電車やバスは決められた区間しか走行できないことを考えると、駅や停留所からさらに移動を要するときは料金的には高くてもタクシーを利用したいと考えるでしょう。しかし、似ている形態で運行されている交通機関にはハイヤーもあります。

地域によって差はありますが、タクシーとハイヤーでは、まず利用目的が違っています。
タクシーは乗車が自由に様々な場所で利用ができることを目的としていて、予約もできれば、街中で走行している空きタクシーを必要な時に止めて乗車できます。そして乗った場所から目的とする場所への時間と距離で料金がきまります。ハイヤーは、予約制であり、貸し切りで利用されます。移動するための手段には変わりありませんが、契約または予約したお客様のために配車するのがハイヤーです。料金も営業所を起点と終点にし、時間貸しである場合がほとんどです。多くのケースでは、空港や大きな駅で待機して予約客を指定された場所に運ぶというのが主な業務になっています。そのため、ハイヤーが道路を走行して予約していない一般客を乗車させませんので、合図を送っても乗車はできません。

ハイヤーは、企業の中でも責任ある地位の人物が利用対象となっている場合が多いです。ただ移動する手段として提供するだけでなく、安全かつ快適なサービスで満足してもらうという目的もありますから、タクシーよりも利用価格が高額になる時もあります。

最近では観光向けにもハイヤー利用が人気になっています。観光で利用するのは国内の方だけでなく、海外からの旅行者も多くなりつつあるため、そのニーズに合わせて外国語に対応できる乗務員が増えているのも特徴です。英語以外にアジアの言語も対象にしているハイヤー会社もあり、オリジナルの観光プランを用意して、利用者がより楽しい観光ができるように工夫と配慮をしてくれます。また、ハイヤーは品質や格が重要視されている傾向です。例えば、一目で分かりやすい部分は車両の違いです。タクシーは会社のロゴが大きく表示されていたり様々な色の車両で街中を走ったりしています。ハイヤーは、一般的に国内外の黒塗りの高級車輛車が使われています。乗り心地も良いですし、運転技術だけでなく礼儀作法をしっかりと学んでいるベテランの運転手が対応していることが多いので、安心して乗車できます。